ならまち 吉祥草花堂

福を招き災厄を祓い幸せを願う。そんな吉祥の形のちりめん細工の香袋をつくっています。

ちりめん細工 百合の香袋

 

季節に合わせて

いろいろな香袋を作りたいと思うのですが、

次々と移り変わってゆく時に

なかなか ついて行けない…。

 

それなら!

ちょっと先回り?!

六月のお祭りのお花を作ろうと

思い立ちました😊?

 

6月になると、

奈良の率川神社(いさがわ神社⛩)では

笹百合祭り(三枝の祭)があり、

とても可愛いピンクの百合がお供えされます。

 

笹百合を作ろう!と

思ったものの…。

やはり

百合をつくるなら、

先ずは、白百合ですよね✨

と。

またもや迷走が始まり…。

 

白百合の香袋ができました💕

 

f:id:kisshousoukadou:20190514123419j:image

 

花の内側に

うすい緑の色を入れてみたのですが

あんまり

見えないですね…

 


f:id:kisshousoukadou:20190514123411j:image

 

 

百合の花は

細長いので、

香袋の口部分は

とても小さいです。

内袋は、

2.5 × 3.5センチです💕


f:id:kisshousoukadou:20190514123415j:image

 

なので、片方だけで

キュッと結ぶ形にしました。

 

茶托に乗せたら

サイズ感わかりやすいでしょうか。


f:id:kisshousoukadou:20190514123422j:image

 

雌しべ、雄しべの先は

ちりめんの布で作り、

柱?部分は

ワイヤに同色糸を巻いてます🧵💕

 


f:id:kisshousoukadou:20190514123426j:image

 

 

率川神社⛩で

笹百合をお供えするのは、

 

この神社の神様が

初代天皇の神武天皇の皇后の

ひめたたらいすず姫をお祀りしていて

姫の出身の奈良の三輪山に咲いている

笹百合をお供えして

喜んでもらうためらしいです。

 

西暦593年より続く

この古い神社にあやかろうと

思ったのですが、

 

 

できたのは

白百合…。

 

f:id:kisshousoukadou:20190514125139j:image

 

 

大丈夫!(何が)

百合も日本人に

とても愛されてきた花💕

愛でたいと思います💕

 

 

ちりめん細工 鳳凰の香袋

 

時代が変わりました。

 

新しい天皇✨

新しい元号✨

令和になりました✨

 

聖天子の平和な世に

現れると言われる瑞鳥。

祝福の鳥。

鳳凰。

 

いつか鳳凰をつくりたいなと

思っていたので、

このタイミングでつくらないで

いつ作る。

 

令和  最初の香袋は

 

鳳凰の香袋となりました💕

令和 生まれの 鳳凰です✨

 

f:id:kisshousoukadou:20190505120449j:image

 

厳かな雰囲気の鳳凰にしようと

思っていたのに

最初に翼の土台の布を

赤い牡丹の花柄を選んだところから、

すでに 違う方向へ。


f:id:kisshousoukadou:20190505120446j:image

 

尾羽の先の模様も

ハート形♥️に見えてしまう…

どんどん

ラブリーになっていきながらも。

 

鳳凰は

仁義礼智信をあらわす

五色の羽の色。

らしいので。

 

青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)を

どんなふうに

組み合わせようかな。と

あれこれ悩んで

 

こんな感じになりました😅


f:id:kisshousoukadou:20190505120442j:image

 


f:id:kisshousoukadou:20190505120452j:image

 

尾羽
f:id:kisshousoukadou:20190505120456j:image

 

尾羽を後ろから見たら

こんな感じ。


f:id:kisshousoukadou:20190505120500j:image

 

作りながら

 

鶏になりかけたり

鶴にしてしまいそうになったり

白鳥🦢にしようかと思ったり

いっそ朱雀にしようか迷ったり😊

迷走しつつ、

そのたびに

 

今は、鳳凰をつくるのです❣️

 

と自分にいいきかせながら

なんとか出来上がりました😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190505122136j:image

 

翼の羽や尾羽を

つまみ細工でつくっていく前に

紐をつけないと

絡まってしまうので

先に紐の色を決めないといけないけれど

羽の色が

どんな風にできあがるか

わからないので

赤にしようか、

金色にしようか迷いました。

 

赤の紐。

 

f:id:kisshousoukadou:20190505122626j:image


f:id:kisshousoukadou:20190505122629j:image

赤、綺麗で可愛い💕

 

金色の紐。


f:id:kisshousoukadou:20190505122617j:image


f:id:kisshousoukadou:20190505122622j:image

金色も、華やか✨

 

で、結局こちらになりました。

f:id:kisshousoukadou:20190505122829j:image

いつもながら

可愛いを優先してしまう…。

 

紐先の組紐をほどいて房をつくるときに

ほどいた組紐が

 

f:id:kisshousoukadou:20190505123213j:image

チリチリでカーリーヘアみたい👩‍🦱✨

 

鳳凰にカーリー😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190505123144j:image


f:id:kisshousoukadou:20190505123148j:image

意外に似合う✨

 

房の出来上がりは

こんな感じ。

f:id:kisshousoukadou:20190505123633j:image

 

f:id:kisshousoukadou:20190505130019j:image

 

 

 

新たな時代の始まり✨

 

令和の時代が、

その名のように

 

平和で穏やかな

美しい時代になるよう

願いを込めて✨

 

ビューティフル ハーモニー💕

 

f:id:kisshousoukadou:20190505123955j:image

ちりめん細工 さくら草の香袋

 

ちりめん細工 さくら草の香袋できました😊✨

 

f:id:kisshousoukadou:20190428193110j:image

 

花びらは、

袋口のところに6枚分追加して、

全部で表裏合わせて77枚❣️

 

お花を巾着袋に縫い付けるのではなく、

花びらと花びらを縫い合わせて

袋の形にしました💕

 

五角形つなぎの要領で、

5枚花弁の花をつないでいきますが、

てっぺんは六角形になってしまうので、

そこだけは、

5枚花びらのお花を一輪のせて

八重のさくら草😊

 

花ができてから、

葉っぱを何色にしようかみてみましたが…。

 

迷います…。

こちら、黄緑色。

 

f:id:kisshousoukadou:20190428201155j:image

 

草木萌え出づる新緑の色!

という感じで

今の季節にぴったり。

な気がします😊

 

こちら、薄緑。

 

f:id:kisshousoukadou:20190428201150j:image

 

優しい感じで、可愛い。

 

季節感をとるか

可愛いをとるか。

 

で、結局

こうなりました😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190428193418j:image

 

いつにかるかなぁ?

と、頑張っているのか

のんびりしているのか

わからない

吉祥草花堂ペースでしたが、

なんとか

できあがりました😊💕

 

f:id:kisshousoukadou:20190428210928j:image

 

巾着の口は、後ろ側。

袋口を閉じたところです。


f:id:kisshousoukadou:20190428195447j:image

 

開けると、こんな感じ😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190428195443j:image

 

 

唐突ですが。

 

賀茂神社と言えば

京都の素敵な神社を思い浮かべる方が多い

と思います✨

私もそうです😊

 

実は、加茂、賀茂、鴨と名のつく神社⛩は日本各地にあるそうです。

 

そして、その全国にある鴨(賀茂、加茂)神社の総本宮の高鴨神社は、古代 大豪族 鴨族発祥の地、奈良の御所市(ごせし と読みます)にあります。

 

その高鴨神社、弥生時!まで遡ることができる日本最古級の神社で、考古学調査から弥生時代には祭祀を行っていたことがわかっているそうです。

 

高鴨神社では、死した神をも蘇らせることができる強い力を持った神様をお祀りしているのだそうです。

 

その高鴨神社では、多くの種類の さくら草 約500種2000株以上の花を大切に育てています。

 

明治天皇が京都の御所から東京へ移られた時に、一緒に移ることになった京都の貴族から秘蔵の❣️花を託されたことから、

たくさんの さくら草が集まったとのこと。

 

毎年、5月5日の献花祭には、

さくら草を献花します。

 

なので、その高鴨神社のさくら草にちなんで、

5月5日までに

さくら草の香袋を作りたいなぁと

思っていたので

出来上がって 良かった😊💕

 

f:id:kisshousoukadou:20190428193533j:image

 

さくら草の香袋 経過その1

四月も後半になりました。

 

次の香袋は、何にしようか迷いに迷って。

 

さくら草にしようか、

花水木の花にしようか。

 

までは、しぼりましたが…。

 

花水木。

今、綺麗に咲いてます✨

 

f:id:kisshousoukadou:20190422164100j:image


f:id:kisshousoukadou:20190422164057j:image

 

さくら草…。

今は、鉢植えの観賞用のさくら草の盛りです✨

江戸の時代に、お殿様や武士にも好まれて大切に鉢に移されて育てられたそうです。

 

文人墨客にも人気、貴族の間でも

大切に育てられ、

園芸家にさまざまに品種改良されてきた

清楚で可憐な

日本人に愛されてきた花🌸

 

わが国は草も桜を咲きにけり   小林一茶

 

うん。

今回は、

さくら草にしよう💕

 

と、思いたったものの。

 

パーツ多くて😅

いつ出来上がるのか…の状況、再び。

 

f:id:kisshousoukadou:20190422165417j:image

 

ハートが沢山並んでいて、可愛い💕

でも、花びらだけで 71枚。

チクチク縫い合わせていきます。

 

こんな数で泣きごとを言っていては、

パッチワーク作家さんや

キルターさんに笑われてしまいますね。

本当に、尊敬します…。

 

で、5枚づつのお花のまとまりは、

できあがりました💕

 

f:id:kisshousoukadou:20190422165820j:image

 

ここにきて、

お花中心部の色に

すごく悩んで。

 

f:id:kisshousoukadou:20190422170213j:image

これは、シンプルに。


f:id:kisshousoukadou:20190422170018j:image

黄色…基本的でしょうか。


f:id:kisshousoukadou:20190422170024j:image

もう少し、淡い黄色にしてみました。


f:id:kisshousoukadou:20190422170010j:image

黄緑も可愛いと思う。


f:id:kisshousoukadou:20190422170007j:image

少し違う緑。

この色も清楚な感じで好きです。


f:id:kisshousoukadou:20190422170031j:image

やり過ぎた。

 

どれにしようか悩みに悩み。

ちょっと 気持ちを切り替えようと

先に、葉っぱの色を決めようと思いたち。

 

ここでも悩む。

どれ?
f:id:kisshousoukadou:20190422165956j:image

 

とりあえず、お花のせてみます。


f:id:kisshousoukadou:20190422170003j:image

優しい感じ?


f:id:kisshousoukadou:20190422170014j:image

五月の葉っぱ!の色?


f:id:kisshousoukadou:20190422170027j:image

これは、ちょっと違うかな。

 

そして更に迷いが

花と葉の組み合わせにまで

広がってしまい…。

 

わかんなくなった勢いで❣️

花の中心部は黄緑✨

に決めました😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190422170010j:image

 

葉っぱは…

花が出来てから、

もう一度

花と合わせて決めようと思います💕

 

ブログアップを励みに

もう少し、頑張ります✨

 

ちりめん細工 錦鯉の香袋

 

前回、菖蒲の花。

 

次は、鯉!を作ろうと思い立ち。

 

元気に泳ぐ鯉を作り始めましたが…。

 

布選び中に、

青色に沢山のお花が咲いている布を見て、

水中花みたいに見えて 綺麗💕

と思ってしまったところから、

すでに方向が

始めに思っていた方向から

違う方向へ…。

 

元気に泳ぐ鯉!路線から、

綺麗で艶やかな鯉(にしたい) 路線へ。

 

f:id:kisshousoukadou:20190415162812j:image

 

f:id:kisshousoukadou:20190415163242j:image

 

花鯉の香袋と名付けたかったのですが、

花鯉と言う種の海魚が いるようなのでやめて、

花錦鯉と名付けようと思ったのですが…。

 

花錦と言うのは

桜満開の状態の形容する言葉のようで。

 

回り回って、

錦鯉の香袋と言うことになりました😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190415163222j:image

 

以前から、

つまみ細工は、

魚のヒレや、鳥の羽によく似合うと思っていたので、今回は 胸びれ、背びれ、尾びれに

つまみ細工のせてみました。

 

尾びれ

 

f:id:kisshousoukadou:20190415163541j:image

 

背びれ

見えにくいかな。


f:id:kisshousoukadou:20190415163550j:image

 

胸びれ


f:id:kisshousoukadou:20190415163545j:image

 

前回の菖蒲天女に続いて

またもや、

作り始めに考えていた形とは

全然違う子が 出来ました😊

 

作っている途中に、

こうしたら可愛いかな❤️

とか

こんなふうにしたら面白い?

とか思ってしまうので、

仕方ないですね😅

 

綺麗な子が出来たように思います(親バカ)

 

f:id:kisshousoukadou:20190415170556j:image

 

 

ただ、

頭部分と体の柄の取り方を

今回は、パキッと分けてしまったけれど

次回は、

もう少し変えた方が良いかな。

頭部分に、もう少し柄が入った方が

体の柄へ馴染みが良いし

綺麗なような気がします…。

胸びれの色も…。

 

f:id:kisshousoukadou:20190415164018j:image

 

五月の子供の日には、

菖蒲と鯉は大事なアイテムですが、

 

鯉と牡丹も

良く組み合わされているようなので

一緒に置いてみました💕


f:id:kisshousoukadou:20190415164013j:image

 

結構、似合う😊

と思う…?

 

f:id:kisshousoukadou:20190415165123j:image

 

だんだん、自分では

自分の作った子が

客観的に見えなくなってくるので、

 

実は

自分が思うほど

綺麗でも 可愛いくもないことに

気づけなくなってしまっているかも。

と思うこともありますが…。

 

あたたかく

見守ってください😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190415165119j:image

 

鯉は、立身出世💕飛躍 、成長、 勇気 、強さ

運気上昇❣️

 

願ってます😊

 

ちりめん細工 菖蒲の葉と菖蒲天女

 

端午の節句は

菖蒲の節句。

 

邪気祓いの力をもつ菖蒲としては

刀にもみなされる

葉っぱを添えたい!

と、菖蒲の香袋が出来たときに思いたったものの。

 

どんな感じに添えたら素敵かな〜と考えているうちに大迷走〜。

 

頭ぐるぐる🌀

 

凛々しいお顔をした

可愛い お稚児ちゃんに

刀に見立てた 菖蒲の葉を持ってもらおう❣️

と 製作に取り掛かりました😊

 

そんな時に

新元号 令和 の発表。

 

心は 万葉時代へ。

 

そうだ!万葉時代の天平衣装風で💕

と、思い立ち。

 

葉っぱを持つのは

可愛い

菖蒲の女の子にしよう💕

 

f:id:kisshousoukadou:20190407104110j:image

 

天平衣装風の

肩かけの布を 

つい 天女の羽衣風にしてしまったら、

気がつけば

菖蒲天女…。

 

f:id:kisshousoukadou:20190407104416j:image

 

いざ、葉っぱを持たせようとしたら!

葉っぱの重さに耐えられず

転んじゃう😅

 

私、羽衣より重いもの持てないですぅ〜💕

 

と言われた感じがしました😅

 

なので、葉っぱは

自立してもらいました。

 

f:id:kisshousoukadou:20190407104738j:image

 

葉っぱを持ってもらうために

作ったはずなのに。

菖蒲天女

なんのために…。

 

f:id:kisshousoukadou:20190407104943j:image

 

そんなの 私のせいでは ありませんわよ!

 

と菖蒲天女さんの声が聞こえてきそうな後姿。

 

f:id:kisshousoukadou:20190407105235j:image

 

上から見たら

こんな感じ。

菖蒲の花に見えるかな。

 

f:id:kisshousoukadou:20190407105333j:image

 

f:id:kisshousoukadou:20190407105347j:image

 

5月5日は

子供の日💕

 

こんな優しい菖蒲の節句飾りも いいかな😊

邪気を祓い、無病息災、健康守り。

全ての子供の幸せを願う日ですね💕

 

f:id:kisshousoukadou:20190407105910j:image

 

 

 

 

 

ちりめん細工 菖蒲の香袋

 

ちりめん細工界?では

お雛様の時期が過ぎると

端午の節句飾り🎏を

次々作られたり

飾られたりで

気持ちは、もう5月の節句へ💕

 

で、何から始めようかな。

 

やっぱり

綺麗なお花から〜。

 

菖蒲の香袋できました😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190403094040j:image

 

色合い

迷いましたが

これにしました😊

 

f:id:kisshousoukadou:20190403094108j:image

 

紐の色…

この淡紫と

金色と

迷ったのですが、

いざ出来上がってみると

もう少し

濃い紫な方が良かったかなぁ。

 

f:id:kisshousoukadou:20190403094407j:image

 

花びらにワイヤー入ってるので

3枚の花びらで立っています。

 

いろんな菖蒲の花を考えてみたけれど、

やっぱり

菖蒲の花は

真っ直ぐ上に向かって

凛と咲いて欲しくて

この形にしました。

 

伝承物の形の

菖蒲の花袋の

うてな部分(花の下の緑の部分)

は丸い袋なのだけれど

 

もう少し本物に近く作りたくて

勝手に変えました😅

 

f:id:kisshousoukadou:20190403094813j:image

 

真っ直ぐ上を向いて咲く

菖蒲💕

 

でも、これでは

いつものように

紐先に つぼみ と葉っぱをつけられない。

 

菖蒲の葉っぱも

紐先につけられるような形でもない。

先が尖った 長ーい葉っぱ。

 

でも!

菖蒲が節句に飾られる由縁は、

あの破邪の力を持つ剣とされる葉っぱ。

厄を祓い、

健康のお守りとしての力を持つ葉っぱ。

 

どんなふうに、この香袋に

葉っぱを添えようかと

ずーーっと 考え続け中😊

 

これ以上長引くと

また

ブログが音信不通状態になりそうなので、

先ずは

 

菖蒲の花の香袋を先に

ご紹介しました😊💕